http://www.trend-seminar.com/
TREND SEMINAR BLOG
業界で活躍するコーディネーター、ディレクター、マーケッターの方が
ファッション、ライフスタイル、マーケット等について随時コメントします

2014.10.02 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->

2012.09.28 Friday

祝・160周年、
世界最古のパリ左岸百貨店!

こんにちは。
2013年春夏コレクションサーキットもいよいよ大詰め。
今パリにきています。
今回のパリコレクションで最も気になることの一つは
タイトル的に言えば、
‘SLIMANEvsSIMONS’
ということですが
VERONIQUE BRANQUINHOの復帰とか
老舗メゾンの刷新がまだまだ続くとか
色々話題にこと欠きません。

さあ、ニューヨーク、ミラノに続くパリは
ファッションのどんな夢を見せてくれるのでしょうか!?
ワクワクドキドキ。
明日からは一斉に総合展示会もスタートし
いよいよ今週と来週は早朝から深夜まで
睡眠時間もそこそこにバイイングに没頭致します。
日本女性をより美しく輝かせ、
結果着ている本人も自信をもって何事にもポジティブになれるよう、
少しでもその活力や助けになれるファッションを
あちこちに探し求めたいと思います。

さて、ここパリで美しく輝く女性の代表といえば、
フランスを代表する大女優、カトリーヌ・ドヌーブさんも間違いなくそのお一人。
私もその上品なセンシャル感、強さと可愛らしさを併せ持つムードには
常に憧れを持って見てしまいます。

只今左岸のボンマルシェが生誕160周年記念のアニバーサリーフェアを
大々的に開催中です。
(因にこの百貨店は世界で最古の百貨店なのです。)
今回はそのキャンペーン大使的な存在がドヌーブさん。
そして本館のキャンペーンショウウィンドウにはアメコミ風イラストで
コスプレ風に様々なお姿でご登場されています。
0928-1.jpg
メトロの告知広告。

0928-2.jpg
ボンマルシェ建物正面入り口。

0928-3.jpg
ショウウィンドウの一部。ここではカフェフロールのギャルソンヌ風。

他にも色々なバージョンあります。

この記念にあわせてデザイナーさんやメゾンさんと
限定コラボレーション商品を盛りだくさん作られて全館あげて絶賛発売中です。
とにかくそのバリエーションは衣食住を網羅して目をみはるほどの凄いボリュームです。
(ちょっとご担当されたバイヤーさんにその苦労話などエピソードを聞いてみたい感じ!)

そして無料で配布される160周年カタログがあってそれをみているだけでも楽しい。
0928-4.jpg
こちらの表紙にも勿論、ドヌーブさん。

中身はお店のヒストリーや
今回のキャンペーンについてクリエイティブに関わった人のお話などと共に
コラボレーション限定品をヴィジュアルも美しく掲載しています。
カタログというより、写真集にちかいクオリティで
グラフィックがとにかく美しいです。
眺めているだけでもいい感じ♪
うっとり。
(文章はすべてフランス語のみなので読み物的にはちょっと残念、私には。)

やっぱりパリは素敵ですね☆
I♡PARIS

アクアガール ディレクター 笠原安代

   









2012.02.22 Wednesday

POP-UP on the STREET♪

プレコレクションの展示会廻りがほぼ終了したなと思うと
休む間もなくいよいよ2012−13年秋冬コレクションがスタート。

私もまずはニューヨークから。

ショールームアポイントの合間をぬって
滞在都市の街をひたすら歩く。

そこでSOMETHING NEWな空気に触れるのは
私には大切な時間。

1月に訪れたパリに引き続き
ここニューヨークでも気になったのは
話題の通りやエリアにできた
期間限定のコンセプチャルなプレゼンテーションやショップ。
 
例えば、BLEECKER通り375番に出現した、
‘KARL LAGERFELD POP-UP SHOP’。
kasahara05.jpg

レディスプレタポルテはネット販売(NET-A –PORTER.COM)のみで
ショップではパネルとスタイリングをプレゼンテーション。
kasahara06.jpg

一方、クスリと思わず笑ってしまうような
KARL大帝の大小のフィギアやグッズ、
プロフィールシルエットをモチーフにした雑貨や布バッグ、
またバイクに乗る時のヘルメットなど、
絶賛販売中!

さて個人的にゲットしたのは小脇に抱える位の大きさの
シリアルナンバー入り、
数量200個限定のKARL大帝フィギア編みぐるみ↓
kasahara07.jpg
イラストレーターのアンドレが協力したデザインは
ユーモラスでちょっと毒があってキュートでしょ?!

プラチナブロンドのヘアは毛糸でできていて、
ちゃんと後ろでポニーテールに束ねられている。
一つずつ(一人ずつ?!)、お顔の表情が異なる。
刺繍されたサングラスのデザインも簿妙に違う。
かなりウケル〜♪

プロフィールシルエットもデザイン的に素敵で
思わずお土産用と自分用に衝動買い。

こちらはiPhone4&4S用のシールカバー↓
kasahara08.jpg

ショッピングバッグもラッピングペーパーもショップカードも
すべてがスペシャル仕様♥
kasahara09.jpg
kasahara10.jpg
お店のスタッフに聞くところ、
このPOP=UP SHOPは8月までの期間限定で
この場所だけやっているとのこと。

ニューヨーク訪問のご予定のある方、
是非立ち寄られてみてくださいね。

2012.02.16 Thursday

スイートで可愛い女のどこがいけない?!

皆様、こんにちは。

初めまして。

遅ればせながらこの度ブログメンバーに参加させて頂く事になりました
アクアガールディレクターの笠原安代と申します。

日常の中で
私の好奇心がムクムク顔をもたげたり、
心のアンテナにピピピッと引っ掛かったりする
コトやモノを感じたまま綴っていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

さて今回は、
2012年春夏PRADAコレクションについて言及した
Miuccia Prada氏の印象的なメッセージをタイトルにしました。
私はこれを耳にした瞬間、ピピピッ!ときました。
実際、フ〜ムと頷いた女性も少なくないと思います。
更には今や「強くて可愛い女のどこがいけない?!」と勝手に発展しちゃうほど。
このメッセージ、目下私自身の人生テーマになりそうな勢いです(笑)

さてちょっと前の話になって恐縮ですが、
1月24日夜からスタート、
翌日25日20時に終了した「24HOURS MUSEUM」を訪ねました。
PradaがパリのPalais d’Iena で
Francesco Vezzoli 氏とRem Koolhaas氏と協業して披露した
24時間限定のインスタレーション形式のミュージアムです。
kasahara01.jpg
会場は3つの異なるインスタレーションで構成されていたのですが、
上記の写真はエントランスから第1部のインスタレーション会場をズズズッと眺めたもの。

ここがメインとなるところだったようですが、‘MUSEALITY’といわれるコーナーです。
コンテポラリーな12の女神(ミューズ)の彫像が
まるでルーブル美術館の展示を彷彿とさせるように会場両サイドにシンメトリーに勢揃い。

そしてその会場一番奥に鎮座していたのがこちらの13番目の代表ミューズ↓
kasahara02.jpg
‘Ma Donna♪’
迫力満点!
背景に見えるFrancesco Vezzoli 氏によるピンクネオンと金網で囲まれた空間も
これまた相乗効果大でインパクト抜群でした。

第2部のインスタレーションがこれ↓
ベルベットカーテンと螺旋階段を背景にして君臨する翼をもつ女神の彫像。
kasahara03.jpg

そして最後、第3部のインスタレーション会場はディスコ風。こちらには男性の神々の彫像が!
kasahara04.jpg

早朝(午前7時半頃)に訪問したのですが、
まさに目の覚める
とても印象的で象徴的なインスタレーションでした。

そこであらためて反芻したことは?

「スイートで可愛い女のどこがいけない?!」


< new | 1 / 1pages | old >
 
LECTURER MEMBER
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
MOBILE
SEARCH


トップページセミナー情報講師プロフィール会社情報お問い合わせプライバシーポリシー

主催:株式会社ファッションリソースセンター Tel.0742-51-3747 Fax.0742-51-2339