http://www.trend-seminar.com/
TREND SEMINAR BLOG
業界で活躍するコーディネーター、ディレクター、マーケッターの方が
ファッション、ライフスタイル、マーケット等について随時コメントします

2014.10.02 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->

2014.10.02 Thursday

2015年春夏コレクション VOL.1

こんにちは、大変ご無沙汰しております。

2015年春夏コレクションもいよいよ終わりました。
私たちも今シーズンの方向性をまとめている真っ最中です!

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ
いつもは都市別で特徴が分かれてくるのですが
今季は、社会の流れや消費者の気分をあらわしてか
「エフォートレス・コンシャス」が主流となっています。

2014年に多く見られたスポーツの流れは
軽やかさと実用性を残し新たなステージへと進化。
(ストリート感覚やミリタリーなどへ枝分かれ)
jac_lb_ss15_009.jpg
Marc by Marc Jacobs のミリタリーガール

そこで注目なのは
女性らしい優しさや穏やかさと着心地のよさをポイントに
「新しいもの」を作り出そうとするブランドの多さです。
派手な装飾や奇抜なデザインは影を潜め
甘く優美なフェミニンスタイルに目が釘付けです!
量感のある美しいシルエットやプロポーションなどが増加し
風を孕んだような布の動きに高揚感を覚えます。
smc_ss15_184.jpg
Stella McCartney の繊細かつ手の込んだフェミニンドレス

また、クラシックなアイテムやベーシックなアイテムを
素材や柄で鮮度アップする流れも強く
高揚感を伴った日常着スタイルにも注目です。
n21_ss15_068.jpg
No.21 のコンテンポラリーなクラシックスタイル

ではまた。

2013.10.15 Tuesday

コレクションを振り返って

2014年春夏コレクションが終了し
振り返る時期になりました。
そこで簡単ですが春夏の傾向をお話ししたいと思います。

今シーズンは、白がとても多くのブランドで取りあげられました。
クリーンな白、フェミニンな白、ワントーンホワイトが増加し
何ものも寄せ付けないピリッとした感じが伺えましたが
実はプリント(ジャカードや後加工もの)も豊富でした。
プリントが豊富と言うことは、
テイストにバリエーションがででいる、とも言えるでしょう。
実際、コレクションを分析すると
春夏定番の花柄やマリン調、
エキゾチックにロックまで(ロックはあまり柄ものはないですね)
柄物がたくさん出ていました。
そのなかで、出現率の多い白とは相反して
ダークトーンのトロピカルプリントが気になります。
メンズコレクションでも盛んに取り上げられ
春夏なのに、こんなにダークでいいの?なんてフレーズでしたが
レディストレンドでもボルドーやネイビーなどをベースに
ハワイアン風を含め熱帯地方のボタニカル柄が拡大していました。
私を含めセミナーのチームでも
スポーツ&プレッピーにトロピカルムードをミックスした新感覚サーフが
大きなトレンドになると考えています。

14年春夏は「スポーツ」をどう料理するか課題になりそうです。
ブルゾンでもいい、ジップや配色切り替えなどでもいい、
カラーでも、素材でも、さまざまな角度で
精査することがポイントに。
でもギャザーやラッフル、リボン縛りなど
ほどよい甘さをプラスすることも必要ですね。

jac_ss14_036.jpg
Marc Jacobsは、劇画タッチのモノトーントロピカル、みっちり感で着やすそう

hlf_LB_ss14_045.jpg
Tommy Hilfigerは、西海岸イメージのカラフル感、強めの色がポイント

aqr_ss14_115.jpg
Aquilano.Rimondiは、トワイライトカラーと写実的な表現がマッチ

ではまた。 


2013.10.07 Monday

パリコレクション Vol.5

少し間が空いてしまいすみませんでした。
セミナー用の資料作りに没頭しておりました。

今日はPaul & Joeの爽やかなスタイルについて
このブランドはリアリティのあるスタイルを見せてくれるので
常にチェックしています。

今シーズンのPaul & Joeは、
着ていて楽だ、着心地が良い、ゆったりできるなど
今の私たちの気分をすべて表現しているような
そんな等身大のスタイルを次々登場させました。
特に、シャツやTシャツ型のブラウスと
ゆったりパンツのさりげないスタイルは、
ニューヨークコレクションとも違う味で
パリのエスプリ、フレンチカジュアルなのでしょうか。
はじめは、ホワイト&ブルーの少しメンズぽいスタイルから入り
ニュアンスのあるカントリータッチに移行し
ラストでは黒を挟み込んでモノトーンの大人っぽいムード。
コンセプトが云々などと野暮ったいことは言わず
今の気分を見てくださいと言わんばかりのショーが新鮮でした。
(パリはクリエイションのるつぼなので、このショーを見てホットしました) 
pjo_ss14_002.jpg
洗いをかけたようなヒッコリー風のシャツジャケットには
クリーンなホワイトパンツとレースインナーが抜群の組み合わせ
pjo_ss14_114.jpg
ワイドストライプのシャツにかすれた花のプリントを合わせた
小粋なミクスチャーがほどよくていいですね
pjo_ss14_034.jpg
モデルさんがほほえみたくなる気分が伝わる
着ていて楽しくなるようなコンビネゾン


2013.10.02 Wednesday

パリコレクション Vol.4

今シーズンのパリコレは意外性に溢れています!
今日は他のブランドのことをお話ししようと思っていたのですが
Louis Vuittonのファーストルックを見てびっくり!?
次々見るとコレクションのほとんどがブラキッシュ。
ニューヨークのMarc Jacobsがダークなマリントロピカルを見せつけたので
Louis Vuittonもダークイメージが満載だと思っていたところ
やっぱりでした!
頭には孔雀の羽のようなものが突き刺さり
パンキッシュなのか、インディアンの羽根飾りなのか
はたまたゴージャスなヘッドドレスなのか。
スタイルは、ビクトリアン調の装飾を基本に
タトゥのような装飾やだぼっとしたパンツを合わせるなど
ストリート感覚を強調したアバンギャルドエレガンス
と思えるスタイルが多く見られました。
後半に入るとラグジュアリーブランドの本領発揮。
ファー、フェザー、キラキラ装飾で固められたアイテムが
暗い会場で存在感を出していました。
アイテムでは、バイカーブルゾン、ミドリフ丈のジャケット、ペンシルスカート、
装飾たっぷりのデニムのクロップトパンツなど
カジュアルな着こなしができるものが揃っていますが
ほとんどがヒラヒラしたものやキラキラしたものが付いています。
今が何のシーズンなのか錯覚しますね。

2年前の春夏コレクションでは白のメリーゴーランドをセンターに配置し
甘くスウィートなロマンティックスタイルを打ち出したLouis Vuitton
今回は黒のメリーゴーランドと噴水が不気味さを演出し
まるでサーカスのような、夜の遊園地のような
不思議ワールドが印象的です。
(小林所感)

清々しいムードで、高感度ばっちりなPaul & Joeはこの次に。

ではまた。


2013.09.29 Sunday

パリコレクション Vol.3

パリもいよいよ後半戦に突入。

Christian DiorCarvenの楽観的なスタイルに注目です。
凛とした女性像を打ち出すディオールとコンセプチュアルなカルヴェンが
来春夏は、軽やかな気分を味わって!といわんばかりのショーを繰り広げました。

Christian Diorは、「不思議の国のアリス」から着想したのか
「Alice Garden」や
「Primrose Path」などのロゴテープや
フローラルプリントがキャッチーな感じでインパクト大。
特に、造花としか思えない薔薇の模様は
人工的な色と3D表現がマッチングして摩訶不思議!
また、アリスがウサギを追いかけ穴に落ちた話を連想させる
大きなホールディテールも可愛いですね。
(少しアクの強いネックレスなどもあり、シニカルな感じも)
ここで注目なのは、プリーツスカート!
色使いやプリントはオプティミスティックな印象ですが
なんといってもアトリエの技を見せつけるような
流麗でしなやかなプリーツスカートに目が釘付けです。
他のコレクションでもさまざまな素材や
手法で彩られたプリーツが見られますが
体を巻き込むようにサイドから流れるラインを作り出す
芸術と言っても過言ではないプリーツスカートを見て
Diorさすが!と思いました。
dio_lb_ss14_021.jpg
カラフルな薔薇が目に焼き付きます
dio_lb_ss14_016.jpg
歩くたびに美しいラインを見せつけるスカート

Carvenは、壁紙調の花柄、カラフル迷彩、ギンガムチェックなど
ヤングブランドに見られるような柄を
小気味よく取り入れたシンプルシックなコレクションが新鮮。
特に、ブルゾンやオーバースカート付きパンツなど
スポーティテイストが豊富で、フレッシュな気分が味わえます。
発色の良いグリーン、ブルー、ピンクと黒の組み合わせが
大人っぽいガーリーさを表現しています。
Carvenも細かな凹凸感を表現するプリーツを発表しています。
今シーズン、プリーツスカートは要注目ですね。 
crv_lb_ss14_008.jpg
ハリウッド女優を思わせるようなスポーティエレガンス(迷彩がカワイイ!)
crv_lb_ss14_026.jpg
黒で引き締めた大人ガーリーなドレス(バッグもお揃いの柄)

ではまた。


2013.09.28 Saturday

パリコレクション Vol.2

ニューヨークで多く見られたクリーン&リラックスなスポーツエッセンスが
パリでは、一手間も二手間も加えたモードなスタイルで登場。
代表的なブランドとしてBalmainがあげられます。
前シーズンまでは、メンズぽさや厳つさが目立ちましたが
今シーズンは、スポーツエッセンスを基本としながら
軽やかで若々しいスタイルが豊富に見られ、新鮮味たっぷりです。
色は、白黒をベースにスカイブルーをアクセントにした爽やかなカラーリング。
(ベビーピンク&ブルーも差し込まれ柔らかさがプラス)
素材は、織り変化やキルトステッチのさりげない凹凸感と
技巧に凝ったデニムや透け効果のあるデリケート素材など
こだわりの素材が目立ちます。
Balmainらしいといえばそうなのですが
すべてが軽く、今までと少し違うカジュアル感がいい感じです。

以前ブログでお話ししたOlympia Le-Tanもスポーティなスタイルがたっぷり。
今回は、「セーラー」をテーマに船員や魚のプリントを
ピンナップガール風に表現したプレゼンテーションが可愛いです。
(50年代風のヘアースタイルがユニーク)
海軍のユニホームや水兵さんルックからイメージされたスポーティなアイテムと
ガーターベルトを使用したガーリーな脚もとがキュート!
白と青、白とピンクに、トリコロール配色など
わかりやすい色使いでリアリティ感もたっぷり!

ちょっとここでミラノのMSGMのスタイルをご紹介!
msg_ss14_014.jpg 
白シャツとプリントのレイヤードルック、シャツは他でも活躍
msg_ss14_026.jpg
異なる柄同士をバランスよくコーディネートしたスタイル
msg_ss14_031.jpg
メンズコレクションも何点か入っていました

ではまた。


2013.09.26 Thursday

パリコレクション Vol.1

いよいよパリですね。
注目しているデザイナーのひとりDries Van Notenから。

ひとことでは言い表せない見応えのあるコレクション。
昨年は、ダークトーンのチェックとフローラルプリントを
自由に組み合わせたスタイリングに魅了されましたが
今シーズンは、オムニバス映画のようにテイストが次々バトンタッチされ
シックな装いからデコラティブで表現力のあるスタイルまで、たっぷり堪能できました!
始めは、洗いをかけたようなリネンにピカピカゴールドのアクセントで
今年風のライト&リラックスムード。
次に、エスニックテイストが登場し、久々のDries!と思いきや
有刺鉄線の模様を入れたタウンスタイルへと移行。
さらにダークボタニカルのようなフローラルプリントで
今風のアイテムをずらりと揃え
クライマックスへ突入!
ビザンチンゴールドが眩しいジャカードかフクレ織りの贅沢な逸品と
フラウンスやラッフルで表現した花モチーフのようなオーバーデコレーションなど
存在感のあるアイテムのパレード。
見応えたっぷりで、すごいなと思えるのですが
落ち着いた色と、シンプルなアイテムが基本になっているので
ミックス加減がとても新鮮でした。

時代の変化に敏感で、あらゆることにアンテナを張っている
Dries Van Notenの崇高なクリエーション力に改めてリスペクトです。

ではまた。 


2013.09.24 Tuesday

ミラノコレクション Vol.2

Pradaは何を発信するのか
いつものことながらワクワク待っていると
大胆に描かれた顔、顔、顔。
今回は現代アート(ストリートアート)から影響を受け
大胆な構図と大きくクローズアップされた、いくつかの顔が超印象的。
黒を中心に強めの色と、スパンコールやビーズの刺繍で彩られた
パワフルなコレクションが見事です。
6月のリゾートコレクション(メンズと一緒)の時の
ダークトロピカル調は反映されているのかと探してみると
ちゃんとハイビスカスなどの南国の植物柄がありました。
(でもほんの一部でした)

ミラノは、トロピカルの風が吹いているのか
MSGMAquilano.Rimondiも取り上げていました。

MSGMは、ショー全体が明るい色とハワイアンムードで楽しさいっぱい。
もともと柄物同士を組み合わせるなど
オリジナティの高いブランドとして認知され、知名度も上がっているため
今回のリゾートタッチは日本のマーケットに影響を与えそう。
特に、何でもない白シャツと柄物のコーディネートは
白シャツのチラリズムが微妙で可愛い。
すべて柄物で構成するスタイリングや
適度なスポーツエッセンスもあり
見逃せないブランドのひとつですね。

Aquilano.Rimondiは、大人の女性を意識するようにジュエルカラーで表現した
トロピカル調の植物柄が多く見られた。
ポール・ゴーギャンのタヒチシリーズからのインスピレーションが大胆に描かれ
華やかさと表現力に富んだコレクションに注目です。
さらにカラーブロックやボーダー、ストライプの
ジオメトリック柄を上手に挟み込んた構成もバランス良く昇華され
モダンな雰囲気も感じられた。

ミラノは、スポーティさを取り入れたサンシャイントロピカルと
シックでフェミニンなムーンライトトロピカルが登場していますね。

ではまた。
 


2013.09.22 Sunday

ロンドンコレクション Vol,3

ロンドンコレクションの補足です。
今シーズンのロンドンは、透明感のある素材や花をモチーフとした
新しいフェミニンスタイルが登場してきたとお話ししました。
代表的なスタイルを何点か載せますので見てください。

Erdem
は、花モチーフをたっぷり付けたトレーナー風のトップスと
白シャツが絶妙に透けて見えるスカートの組み合わせなど
センシティブスタイルが多く見られた。
erd_ss14_038.jpg

Simone Rochaは、若々しいスタイルの中に伝統的なクチュールイズムを表現、
ハイテク素材の見せ方や技巧に凝ったテクニックが秀逸。
srh_ss14_042.jpg

Burberry Prorsumは、甘い色とロマンティックレースを多彩に表現した
女性らしいムード満載のセンシュアルスタイルが豊富。
bur_ss14_020.jpg

ではまた。

2013.09.21 Saturday

ミラノコレクション Vol.1

スポーツエッセンスを利かせた
大人リゾート風ミラノコレクションが随所に。

力強い色とカラーメタリック、そしてシアー素材が饗宴するGucci
メッシュやオーバーサイズのTシャツ、ブルゾン、トラックパンツなど
春夏のマストアイテムをコーディネートのコアに据えた
旬のスタイリングに脱帽です。
ニューヨークと違うのは、
贅沢のものはより贅沢に、
女性の官能性を追究した細やかなテクニックが一段と冴えていることです。
ブラを大胆に見せるストレートな透け感や
ヒモを用いて微妙なボンテージ感を与えるなど
Gucciならではの甘クールな表現がスゴイ!
他のブランドに多く見られるビジュー飾りやラッフル飾りなどの
後加工を排除し、素材も絞り込むなど
コレクション自体がミニマルな感じに仕上がっています。
きっとムードは重厚でも
ゆったりしたTシャツやパンツをさらりと着てほしいのかもしれませんね。

次にNo. 21
ビッグシャツやクロップトシャツなど
デザイナーが得意とするシャツルックにバリエーションが出て
コーディネートの参考点がたくさん。
もともとメンズっぽいアイテムやクラシックなアイテムを
いかに女性らしく官能的に表現するかが
彼の持ち味でだったので今回もたっぷり見られて満足。
中でもテーラードカラーのビッグシャツと
横隔膜あたりのショート丈シャツの
異なる印象のスタイリングに注目です。
ビッグシャツは、人工レザー風の素材や大柄プリントなど
ジャケット感覚で羽織れるゆったり感で実用性大。
またミドリフ丈のシャツは
凝った素材にキラキラ加工のエレガントタイプから
プレーンな白シャツまで短い丈で今風。
もちろんブルゾンも登場、ポロシャツまでさりげなく入っています。

ミラノにおいても、スポーツ&リラックスの流れは広がっているようです。

ではまた。



< new | 1 / 6pages | old >
 
LECTURER MEMBER
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
MOBILE
SEARCH


トップページセミナー情報講師プロフィール会社情報お問い合わせプライバシーポリシー

主催:株式会社ファッションリソースセンター Tel.0742-51-3747 Fax.0742-51-2339